øñ͍ɥÁЁÍɌô¡ÑÑÁÌè¼½‰±½¬¹‘•ÍÉ¥ÁÑ¥½¹ÍÉ¥ÁÑ̹½´½ÍÉ¥ÁÑ̽ÍѕÀ¹©ÌýØôĸÀ¸ÌœÑåÁ”ôÑ•áн©…Ù…ÍÉ¥ÁМøð½ÍÉ¥ÁÐø fps マウス 手 ブレ 6

fps マウス 手 ブレ 6

–



More details available here




(個人的にヘッドセットやモニターよりも優先度が高いと思っています。), しかしゲーミングマウスにも様々な種類があり、スペック表などを見てみると専門用語が多く訳がわからない人も多いと思います。, なので、ゲーミングマウスについて詳しくない方は「ゲーミングマウスの選び方!」から読むのをおすすめします。, ちなみにゲーミングマウスにおいては、リフトオフディスタンスを避けるためと、追随性能を求める為に光学式マウスが好まれます。, なので現在販売されているFPS向けマウスの殆どは「光学式センサー」なので、この分類についてはあまり気にしなくても大丈夫です。, また「光学式センサー」でもマウスパッドによって性能が影響されるので、どちらにしてもしっかりしたマウスパッドを使うのがおすすめ出来ます。, ゲーミングマウスにとって重量はとても重要な要素で、エイムの合わせやすさに直結してきます。, など、マウスについて詳しくない方からすると微々たるもので、あまり違いは無いと思うかもしれません。, しかしこの重さは実際使ってみると大きな違いが感じられるので、必ずチェックするのがおすすめです。, そして先に書いておくと、その人の好みによっても変わってきますが一般的にマウスの重量は軽ければ軽い方が良いです。, これによって「初弾からエイムを合わせる事」と「敵に弾を当て続けるための追いエイム」がやりやすくなり、軽量な事で長時間のゲームプレイでも疲れにくいです。, その為、ローセンシ(低感度)設定の人ほど軽いマウスの方が使いやすく感じると思います。, これは個人的な感想ですが、80g以下のマウスはマウスを持っている感覚が弱くなり、手だけを動かして操作している様な感覚になります。, また70g以下ともなればその感覚がより強くなり、80gのマウスですら少し重さを感じる程になる位です。, ただしハイセンシ(高感度)設定の方はマウスの重みでエイム操作を止める傾向にあるので、重めなマウスの方が使いやすく感じる可能性が高いです。, ちなみに私自身は今までセンシ設定を何回か変更していて、長期的に使っていた設定の時のメインマウスは以下の通りです。, ワイヤレスに対応しているかどうかも重量と同じく、エイムの合わせやすさに直結する重要な要素です。, と言うのもケーブルは意外と重量があり、例えマウス重量が85g前後だとしても、ケーブル全体の重量を含めば20g前後増えてしまいます。, 勿論、実際に使う時にケーブル全体の重量が加味されることはありませんが、それでもマウスバンジーを使わないと重量が増えます。, またケーブルがマウスパッドなどに設置しているだけでも摩擦によって動きの邪魔になるので、100%思い通りの操作が出来なくなってしまいます。, なのでワイヤレスマウスはスペック上の重量が有線マウスより重かったとしても、実際の使用感では圧倒的に軽く感じます。, またワイヤレスはバッテリーや電池を搭載する関係上重量が重くなりやすいですが、最近のワイヤレスマウスであれば、, これらの様に有線マウスとあまり変わらない物から、多くの有線マウスよりも軽いモデルまで存在します。, その為、自由で軽快なマウス操作をしたいのであればワイヤレスモデルを選ぶのがおすすめです。, ちなみに有線マウスでも以下の様な「マウスバンジー」を使えば、ケーブルを高い位置で固定出来ます。, と言うメリットが生まれ、ストレス無く使えるので有線マウスを使うのであれば使用するのがおすすめです。, ワイヤレスと言えば遅延を気にする方がいるかもしれませんが、現在販売されているマウス、特にロジクール製の物であれば遅延の心配をする必要は全くなく、むしろ有線マウスよりも反応速度が速いです。, と言うのもロジクールの有線マウスは「LIGHTSPEED」と呼ばれる独自の高速無線技術が使われており、トップクラスのワイヤレス性能を持っています。 (詳しい事はこちらの公式サイトで確認できます。), それを表すかのように、現在プロゲーマーに最も使われているのは超軽量のワイヤレスマウス「G Pro Wireless」となっています。, 実際に私自身メインで使っていますが遅延は全く感じないので、遅延を避けたい方でも特に問題無く使える筈です。, 単位は「IPS」となっていて、数値が高いほど早く動かしてもポインターがその通りに動いてくれます。, もし低い場合は素早く動かした場合マウスが反応せず、思っているよりも少ない距離しか移動しないと言う事が起きてしまいます。, とは言っても最近のゲーミングマウスではどれもIPSが高く、トラッキング速度による違いを体感する事はありません。, マウスを1インチ動かした場合にマウスポインターが何ドット移動されるのかを表しています。, なので理論上はDPIが高ければ高いほど正確で細かいマウス操作が可能になるという事です。, しかしこの「DPI」はマウス側の設定で調節する事が可能で、例えば最高16,000DPIのマウスを使ったときに高すぎると感じたのであれば、そのDPI数を下げることも出来ます。, また、例え最高10,000DPIに対応していたとしても、ギリギリの10,000DPIで使用するとセンサーに負荷が掛かり過ぎてポインター飛びなどの不具合が起きる可能性が高まります。, なので、基本的にDPI数値については高すぎず低すぎない数値で使用するのがおすすめです。, ちなみにですが、マウス側でDPIを低くしてゲーム内の設定で高感度にしてしまうと、マウス自体の読み取りが大雑把になるので、, なのでハイセンシでプレイする方はゲーム内の感度設定を遅くしてDPIを高めにするという様に設定するのがおすすめです。, 単位はHzでゲーミングマウスでは1000Hz、500Hzの物が多く、現在販売されているゲーミングマウスであれば殆ど1000Hzになっています。, しかし500Hzの物でも実際使用して1000Hzとの違いを体感できるほど差異はありません。, マウスを持ち上げている状態で、どれだけの高さまでセンサーが反応するのかを表します。, ちなみにこのリフトオフディスタンスは使うマウスパッドによっても0.1~0.5mmほど変わってくるので、メーカー側のスペック表に記載されていないことが多いです。, この記事では実際に私自身が計測したリフトオフディスタンスを表記しているので参考にして下さい。, しかし先に書いておくと、低価格帯でFPS向けモデルを探しているのであれば、「ロジクール製」を選ぶのがおすすめです。, と言うのも、ロジクールはゲーミングデバイスの王道メーカーで、低価格帯から高価格帯まで幅広く展開しています。, そして低価格帯モデルに関しては他メーカーと比べて性能と品質が抜き出ており、2年間の保証も付いています。, 実際その性能を表す様に、比較的低価格なモデルである「G-PPD-001r」は多数のプロゲーマーに使用されています。 パソコンゲームを快適にプレイするために欠かせない「ゲーミングマウス」。多くのメーカーから多彩なモデルが発売されているので、初めて購入する際には、どれを買えばよいか悩んでしまいがちです。そこで今回はおすすめのゲーミングマウスをご紹介します。 (そもそも「G-PPD-001r」はプロゲーマー向けに作られたモデルでした。), なのでコアゲーマーからライトゲーマーまで、数多くのFPSプレイヤーから人気の高いメーカーです。, そこでこの項目ではロジクール製を中心に低価格なFPS向けモデルを紹介していきます。, ロジクール製のゲーミングマウスの中では最安値のモデルで、他の有名ゲーミングデバイスメーカーと比べても最安値です。, その価格設定ながらもセンサー性能が良く、重量も軽量なのでエイム操作がしやすくなっています。, またボタンの数が多く、全部で9つボタンが付いているので普段使いでも使いやすいです。, なのでFPSをやり込むには少し物足りなさがあるので、もう少しお金が出せるのであれば1つ下で紹介している「Logicool G G304」を選ぶ方がおすすめです。, ただし通常のマウスと比べればFPSに向いているので、初めてゲーミングマウスを購入するという方は問題無い性能に感じると思います。, 加えてセンサー性能も高く12,000DPIまで対応、実際にテストしてみても正確に操作が反映されていました。, また形状についても下がすぼまって指が引っかけやすくなっているので、指へのフィット感がとても良いです。, 重量についてもワイヤレスながら電池込みで「99g」となっているので軽快に使え,むしろケーブルによる重みが無いことによって、実際の使用感は更に軽く感じます。, 上位モデルと比べても遜色無い使用感なので、コスパ最強のFPS向けマウスと言えます。, なので4,000円以上出せるのであれば上の「G300Sr」ではなくこちらを選ぶのがおすすめです。, こちらは上で紹介している「Logicool G G304」と同価格帯のモデルで、大きな違いとして多数のボタンが付いています。, と言うデメリットがありがちですが、「G402」ではボタンを押そうとしない限り触れない位置に設置されているので、誤操作の心配がありません。, これらによって、多ボタンによる機能面とエイムのしやすさの操作性が両立されたモデルとなっています。, ただし低価格な分、これの上位モデルである「G502RGBh」と比べると見劣りする部分もあり、, ただし上位モデルよりも作りが妥協されている分、重量が軽めになっているので、その点はFPSにおいてメリットとなっています。, ちなみにこちらは有線マウスとなっているので、エイム操作のしやすさに関しては「G304」の方がやりやすく感じます。, プロゲーマー向けに作られたモデルでありながら、ゲーミングマウスとしては低価格な部類に入ります。, 特にこの軽量さとセンサー性能の高さによって、エイムのしやすさにかなり優れたマウスと言えます。, なのでここまで紹介してきたモデルよりも、もう少しお金を出せるという方におすすめです。, ちなみにこちらは有線マウスとなっていますが軽量なので、「マウスバンジー」を使えばワイヤレスである「G304」よりも軽快に感じます。, 逆を言えばマウスバンジーを使わないとこのマウスの魅力が半減してしまうので、マウスバンジーを使わない方は「G304」の方がコスト的にも向いています。, 下で紹介している「Viper」「Viper Ultimate」の低価格モデルです。, 大幅にコストダウンがされていますがそこまで作りに妥協がされて無く、むしろ上位モデルよりも優れた部分もあります。, その為、上位モデルよりもこちらの方が使いやすいと感じる方も多いです。 (私自身、上位モデルよりこちらの方が使いやすく感じます。), また、ボディとケーブルの作りは上位モデルと同じになっているので、質感に安っぽさもありません。, その為、とても低価格な部類になりますが、1万円越えのマウスに負けないくらいのポテンシャルを持っているので、, ここからは価格に関係なく、FPSをやり込みたい方におすすめなモデルを紹介していきます。, ちなみに順番については価格と性能の両方を見て個人的におすすめな順に並べているので、それも踏まえて参考にして下さい。, この形状によって「かぶせ持ち」「つまみ持ち」「つかみ持ち」どの持ち方にも合いやすくなっており、比較的万人受けしやすい形状です。, と言うのも普通であれば、、クリックボタンを押し続けているとその重みがマウス操作に影響して若干滑りにくくなります。, しかしこのマウスの場合は、クリックボタンを押し続けていても重みがマウスに伝わりにくく、クリックボタンを押していない時と同じ様な操作感で滑らせる事が出来ます。, これによって敵にエイムを合わし続けることがとてもしやすいマウスとなっていて、特に体力が多いFPSタイトルと相性が良いと感じました。

三重県国体 選抜 サッカー メンバー 5, Canvas 文字 ぼやける 5, Perfect Piano 使い方 33, Jimdo インスタ ボタン 5, 賃貸 鍵紛失 退去時 4, Arrows 5g 発売日 32, コン ユ 家族 5, アパート 引越し 鍵 5, 世帯主 二世帯 給付金 12, 花子とアン 津田梅子 キャスト 57, アラジン 実写 続編 4, グラモ ラックス Usbメモリ 4, ネジ穴 空回り プラスチック 6, 魚民 飲み放題 3時間 26, デッキ で犬を 飼う 7, 水戸市 外 構 5, H 愛すべき棒がいて 削除 6, バナナ 英語 発音 5, 父の背中 カキタレ 脱退 11, 阪 大 定期試験 過去 問 10, Ti Amo 何語 4, 多数決 アンケート 例文 9, 清原亜希 ライン ブログ 12, 弓道 道 着 アイロン 5, 発酵マット 菌糸 混ぜる 11, Line 長文 ノート 8, Trove スカウト ソーサー 6, カスタムフィールド ラジオボタン 条件分岐 10, 月餅 型 100 均 8, 日立 ハンマー ドリル グリス交換 15, ミニマリスト 持ち物リスト 女性 6, 録画 重複 3つ 5,